毎月第4月曜 AM10:00開催


by yasai_gekken

7月のやさい市

ももが岡山からやってきました!
「ヤマトハクトウ」という品種。
ほのかに赤い部分がおしりみたい!にかわいいです。
e0158226_19195743.jpg

やましななす。
肉厚で煮物に最適。煮浸しもいいですよー。ぽってりなお姿。つい拝みたくなります。
e0158226_19194485.jpg

やさいが増えてきて、準備も忙しい。
e0158226_19201725.jpg

じゃがいも、タマネギは量り売り!
切らしたくない材料です。お好きなだけどうぞ。
e0158226_19204063.jpg

万願寺もカゴのまま量り売り
e0158226_19205027.jpg

とまと、もぎたて。どっさり。
e0158226_1921387.jpg

ももを買ってくださったお客様。
嵐山からお越しとのこと。ありがとうございます。
e0158226_19212098.jpg

かぼちゃ、大きさいろいろ。西洋と日本とあります。
e0158226_19214265.jpg

ダンサーの夏目さん。ワークショップを受けた後、赤じそを買ってくださいました。
e0158226_19221913.jpg

その、ワークショップの様子。からだをほぐし、伸ばし、踊り。来月からはストレッチと即興で動くことを中心にやっていきます。ぜひ気軽に参加してください。
e0158226_1922272.jpg

[PR]
# by yasai_gekken | 2009-07-30 19:30 | レポート

茶水(カフェ)

e0158226_19291356.jpg表現活動の裏方として食をとどけるまかないユニット。農家や独自の食材ルートをいかし、表現活動の舞台裏で活動をしている。農と芸術を暮らしの軸に置く生活をにわかに提唱。代表的な活動にアトリエ劇研で月1回開催される「やさい市」、どこでやっているかわからない「こっそりカフェ」など。メンバーはデザイナー、農家、アーティスト、企画者、など
[PR]
# by yasai_gekken | 2009-07-26 19:26 | プロフィール

身体WSのレポート

6月の「身体ワークショップ」に参加してくれた大藪さんからの感想をいただきました。
毎回11:00-12:30に劇場内を会場に開催しています。ぜひご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ねむい。朝はねむい。
最近めっきり夜型になってしまった私には11時半に劇研入りは眠すぎる。

そんな眠気をすっきりと拭い去ってくれる佐伯さんの朝の身体ワークショップ。
まだけだるい身体を床に転がしていると、朝から爽やかな佐伯先生の起きなさいコールが…。うだうだ起きて、腕をぶん回すも最近PCに噛り付きの日々だった故、肩がどうにもガチガチであることが判明。凝り固まった腕の付け根が、どうにも旨く後ろにいってくれないのであります。私以外の参加者もダンスの経験があるにも関わらず、なんともへなちょこで、弱小ダンサーズでしたが、佐伯先生ほどよく厳しく、弱小ズを飼いならします。よどんだ身体が、じわっと汗をかき起きてきたところでふんわり柔らかストレッチ。ベイビーのように柔らかな身体をイメージしながら、ゆるゆるほぐしていきます。多少爽やかさをgetしたところで、ムーブメントの入ったちょっとダンサブルな動へ。なんたって今日の参加者は、弱小とはいえダンサーズですから。ストレッチを交えたシンプルな動きを一通り覚えると。佐伯先生から細かい動きの注意が加わります。何気なく形を追っていたものが分析され、解体されて、まるで身ぐるみはがして骨を見つめているようでした。日ごろのうだうだした身体からすっかり開けた身体になって、なんだか今日はなんでもできそうな気分になり、心地良くすいてきたお腹は茶水のランチで満たしました。ああ、自分でも毎日こんなふうに一日を始めたいものです。


大藪もも
[PR]
# by yasai_gekken | 2009-06-30 17:15 | レポート
ダンサー、振付家。ダンスカンパニーMonochrome Circusに所属し国内外の公演に出演。同時に荻野ちよと「双子の未亡人」としても活動。野外でお風呂を造る『OFURO』や、48人の人たちと共に踊る『ノリコボレル』を発表し話題を呼ぶ。「京都芸術センターCoaching Project / Bridge」など若手ダンサー育成のワークショップ、演劇人や一般の方へのダンスクラスで教える。
モノクロームサーカス
双子の未亡人
[PR]
# by yasai_gekken | 2009-06-26 19:32 | プロフィール

6月のやさい市

朝から豪雨に見舞われた今月のやさい市。やさい市はじめての雨でした。
ズッキーニとコールラビ。珍しい野菜、コールラビ。アブラナ科の野菜で、キャベツににた香り。生でもいけますが、煮くずれしにくく、スライスしていためて食べると美味しいそうです。スパゲッティにも合いそう。
e0158226_2054834.jpg

野菜の種類が増えてきました。気がつくと手にもてないくらいあれこれ持ってたり。。。
e0158226_206057.jpg

フリルレタス。ドレッシングをかけるとシワシワのところにうまくからまってくれます。葉っぱそのものの味もしっかり。サラダでたっぷりいただけます。
e0158226_206121.jpg

劇場の中では佐伯さんの「身体ワークショップ」腕をまわしてたり、ストレッチしながら動いていきます。気持ち良い〜。外とは違って静かな空気が流れています。
e0158226_2083045.jpg

今年からご自分の畑を持った甲谷さんのズッキーニ2種類。奥さんの書くプレートも素敵。
e0158226_2084175.jpg

染めの大原工房でも働くまゆちゃんの「よもぎ茶」。甘みとコクのあるおいしいお茶です。先月から定番。
e0158226_20942.jpg

新鮮なセージ。ハーブ類もあります。
e0158226_2062150.jpg

大きな大きな南高梅の梅干し。染めでも使う赤じそを使ったきれいな赤色。すっぱさがからだに染みて、おいしいー。
e0158226_2063087.jpg

買ったり、食べたり。つくだ農園を最近手伝っている、フランス人のデービットさんもあそびにきて、チラシをまいてくれたり。
e0158226_2064757.jpg

茶水カフェのプレートごはんは、新じゃがのキッシュ(または梅おにぎり)にズッキーニのスープ。ワークショップを受けてくれた大藪さん。ランチ中です。
e0158226_2073754.jpg

トラックの荷台、フル活用。
e0158226_207290.jpg

茶水カフェでは、甘いものも充実。
e0158226_2071221.jpg

受粉があまりできなかったというズッキーニ。
先の部分が細くなっているのが、その印だそうです。味はかわらずおいしかった!
e0158226_2072840.jpg

[PR]
# by yasai_gekken | 2009-06-23 20:18 | レポート