毎月第4月曜 AM10:00開催


by yasai_gekken

1周年特別企画

e0158226_21431342.jpg

アトリエ劇研 やさい市1周年スペシャル
冬のストレッチ&コンディショニングWorkshop
〈童堂のまかない+オーハラーボのお手伝い農作業つき!〉


日時:2009年12月19日(土)10:30 大原バス停集合 Sat.19th Dec. 2009
会場:大原工房草庵 Aterlier SO-AN 左京区大原草生町102

毎月第4月曜日に下鴨の小劇場、アトリエ劇研で開催中の「やさい市」。その中のプログラムとして開催してきた身体ワークショップが劇場を飛び出して、大原へお出かけします。会場となるのは、草木染めの織物工房「大原工房 草庵」。見晴らしの良い場所に建つお屋敷です。ワークショップでは、そんな空気も景色もおいしい場所で、こごえがちな冬のからだの感覚をながめ、あたためていきましょう。呼吸やたたみの感触を味わいながら、のびやかなからだを感じてみます。ワークショップ後には、お野菜いっぱいのランチ、軽い農作業もついてます。年の瀬せまる冬の半日を心身豊かに過ごしましょう!

10:30  集合(大原バス停) Meeting at OHARA bus stop
10:45  会場到着 受付 Arrive at SO-AN
11:30  ワークショップ Workshop 90min
13:00  まかない Lunch time
14:30  農作業 Hatake work
15:30頃 解散 Finish!

集合:京都バス「大原」バスターミナル(MAP)に10:30までに集合してください。

交通:京阪電車「出町柳」駅から16番17番、終点「大原」下車
出町柳発 9:40 または 9:55にご乗車ください。
京都バスhttp://www.kyotobus.jp/
会場へは京都バス「大原」バス停に集合しから移動します。徒歩10分。
*お車でのお越しをご希望の方はお知らせください。

料金: 2,000円(WS+お昼ごはん+農作業)

持ち物:うごきやすい服装*、長靴、あたたかい作業着
*ワークショップではゴムパンツと長袖シャツなどが体をしめつけない動きやすいものがおすすめです。

定員:10名 *定員になり次第〆切

申込先/お問合せ:アトリエ劇研
TEL= 075-791-1966 info(アットマーク)gekken.net 
当日連絡先:090-9704-8648(おじか)


アフターランチは「農作業!」14:00-15:00頃
京都・大原の6つの農家で構成される「オーハラーボ」。彼らが出店している翌日の朝市にむけて、農作業と準備をちょっぴりお手伝いします。

プロフィール
e0158226_21322026.jpg
ワークショップ講師:佐伯有香 Lecture Yuka SAEKI(Dancer,Choreographer)

ダンサー、振付家。ダンスカンパニーMonochrome Circus、ダンスユニット双子の未亡人にて国内外の公演に出演。彼女のワークショップでは骨格や筋肉、呼吸を意識しながら、自分の中のしなやかな身体に気づいていくことができる。ダンサーや俳優はもちろん、経験や年齢に応じた柔軟な指導が魅力。


e0158226_21323035.jpg
まかない:童堂

料理人であり農家でもある細江聡さん主宰。大原のもっと奥にある百井に畑を持ち有機野菜を作っている。来春には草庵にて自家栽培の野菜や近隣の食材を使った農家レストランを開店予定。ひょんなことから風水に詳しいフランス人Davidと新しい畑をつくる計画もある。


★オーハラーボ
京都・大原で有機野菜や米づくりを行なう農家集団。つくだ農園、藤柳、おとふくばたけ、サトリキ農園、オーガニックファームこうや、わっぱ堂の6農家で構成される。全員が畑違いの経歴を持ち、農業を軸にさまざまな分野や人との出会いを紡いでいるアツい集団。

★当日は大原工房てづくりのオリジナルマフラーや帽子などもお買い求めいただけます。★


主催:NPO法人劇研 オーハラーボ 協力:大原工房
[PR]
# by yasai_gekken | 2009-10-27 21:40 | 1周年特別企画

9月のやさい市

e0158226_17355263.jpg
やさい市の日は麻の「のぼり」と、白い立て看板を前に立てています。
北大路から来られる方は、北に入る道路からこんなふうにみえます。

e0158226_17452753.jpg
今月から、看板にお野菜とカフェメニューを出してみました。
書ききれないほど。
e0158226_17351096.jpg
今月は、藤柳のコヤさん(写真下左)と、わっぱ堂のさっちゃん(右)が担当です。
下は6ヶ月の赤ちゃん、上は双子のおばあさんまでいろんな方がきてくださいました。
e0158226_17352152.jpg
農業をはじめたい!という学生さんがきて、コヤさんとさっちゃんと相談中。
その間にもお客さんがきて、売りーの、話しーの。わいわい。
「こないだの野菜おいしかったわー」と言ってくださる方もいて嬉しかったです。
e0158226_17353026.jpg
聖護院大根!赤かぶ!でかーい。
e0158226_17353967.jpg
劇場内では佐伯さんの身体ワークショップ。
パン職人&織職人のスミさんと、NPOセンタ−の職員の石原さんが初参加してくださいました。きもちよーく、ストレッチできたようです。
e0158226_17361989.jpg
みょうが(左奥)は秋になると赤味が増すんだそうです。赤い万願寺(右奥)はパプリカのようにサラダにもできます。煮浸しもいい。
e0158226_17363178.jpg
さっちゃんのお母様手製のお漬物も並びました。
[PR]
# by yasai_gekken | 2009-09-29 17:53 | レポート
■おとふくばたけ
じゅんちゃん(高田)、みさちゃん夫婦ユニットによる、畑の音を聞こうぜ!それが私たちの生きる道だから。という考えのもと、有機無農薬農法を実践しています。細身&めがねがそっくりな二人はよく兄妹に間違えられます。大原の各町内に一つは田んぼを借りているのではないか、と噂されるほど畑がバラバラ。でもって、かなりの種類の野菜を作っています。たとえば、ルッコラ、コールラビ、空芯菜、赤リアス、博多かつを菜。さあ、あなたはいくつ知っていましたか?全部知っていたというあなた、音吹度、90%!あとの10%は、秘密です!
おとふくばたけ

■ヴィレッジ・トラスト・つくだ農園
ナベナベ(渡辺)くんと民ちゃん夫妻の農園。ナベナベくんは同志社大学の学生さんでソーシャルイノベーションでオーガニックファームを実践中。さらにアイガモ農法もオーハラーボとともに、実践中。オーハラーボの名実ともにリーダーで、彼らのリーダーシップなくしてはオーハラーボは存在し得ません。数々のイベントをコーディネイトし、地域への貢献度もピカイチなお二人です。「WE LOVE 野菜シリーズ」と称して、野菜のオーナーシステムを実践中。じゃが・たまと来てお次は金時ニンジンをピックアップされる模様。興味のある方は!【彼らのブログ】へ!

■サトリキ農園
僕らとほぼ同時期に大原に移住したカッツェ(山本)さんの農園です。里の力と書いてサトリキ農園。音吹畑もそうですが、サトリキ農園も大原の各地に点在しております。が、夏野菜のメインとなる畑が音吹と隣り合わせに所在しており、最もよく顔を合わせる仲間です。野菜の調整—収穫した野菜をキレイに整える、袋づめの腕が抜群で、とても美しいパッケージングで出荷されてます。
オーハラーボ最年長ながら、なぜかいじられキャラの愛すべきキャラクターです。【ブログ】もウケる!!

■藤柳
営業担当のコヤ(小柳)と農園担当のフジさん(藤井)の凹凸コンビによる藤柳は、農家の常識を覆す斬新なアイデアでオーハラーボのお笑い部門を担当してます。頭の回転と口のまわり具合が抜群のコヤに、どんだけくだらんボケも拾える才能を持ったフジさんがいるといないとではオーハラーボの色がまるで違ってきます。大原よりさらに山奥の中、ほぼ独立国のような、大原大見町でキレイな水とおいしい空気によって野菜をつくってます。運が良ければ里の駅大原で、フジさんの爆笑面が映ってるポップに出会えます。爆笑です。

■オーガニックファームこうや
もうすぐ大原に移住が叶う(09年秋現在)、こうやさんの農園です。かわいいかわいい子供さんがすでに二人!そんな子供さんにホントに安全でおいしいものを食べさせたいとの思いから有機農の世界に飛び込まれました。奥さんのみのりさんは天然酵母パンづくりが趣味で、【やさい市】でもその腕前をバリバリふるっておられます。ポップのお絵かきも素敵!カボチャやトマトなど、オーハラーボでは希少な野菜をつくっておられます!

■わっぱ堂 一所懸命
大原の草木染め工房、【大原工房】のさっちゃんとスドーくんがオーハラーボの仲間です。さっちゃんは料理人で大原の野菜を使ったお店を出すのが夢、スドーくんはニュータイプでモビルスーツでの銃撃が得意です。さっちゃんの爆笑トークとスドーくんのオメーノウカジャナクテニートダロ的な雰囲気にいつも和まされております。さっちゃんは料理人の視点から規格品にとどまらぬ野菜の扱いに長けておられ、いろんな売り方を提案してくれます。10年2月には、スドーくんが里帰りするために、サッちゃん一人になりますが、それはそれで楽しみなんだそう。寂しさの裏返しの強がりでしょうか?


■hanare
e0158226_154142.jpg

毎週月曜夜のウィークリーカフェをはじめ、ワークショップや展覧会を通して、わくわくするような生活を提案している。カフェ部門では、近隣の食材を使ったり、テーマにそったフードメニューを展開。食を介して生活のさまざまなところへコミットしていっている。
http://hanareproject.net/
[PR]
# by yasai_gekken | 2009-08-26 19:24 | プロフィール

8月のやさい市

快晴!8月というのに秋のようにすがすがしい晴れ。
e0158226_216327.jpg


これ,万願寺とうがらしです。
とうがらしみたいですが、パプリカのようにサラダでいただくのが◎。
e0158226_2164083.jpg


農家ユニット(?)藤柳さんのそばの芽。サラダやおひたしで。若芽といってもでっかいです。
e0158226_2164911.jpg


11:00から90分間の、「身体ワークショップ」。
からだのいろんな部分を意識してきもちいーからだをつくりましょう!
e0158226_2182218.jpg

e0158226_2183067.jpg


ワークショップ終わりの、モノクロームサーカス・ダンサーの佐伯さん。お疲れさまです。
e0158226_21102039.jpg


右側にあるのは、初物の「ささげ」。もっともっと長くなるんだそう。
e0158226_2171848.jpg


やさい市では、やさいの食べ方もきいてください。
おすすめレシピがかかれた札も要チェックです。

たとえば、くうしんさい。
炒め物最高!タカノツメ、ニンニク、と一緒にいためて仕上げにごま油で香付、塩こしょうパラパラしていただくとたまらんです。
e0158226_2174850.jpg


これで今年の生のとうもろこしはラスト!ですが、
こんどは乾燥させてポップコーンをつくるそうです。お楽しみに。
e0158226_2175852.jpg


まったり。
e0158226_2181360.jpg

[PR]
# by yasai_gekken | 2009-08-24 21:20 | レポート

GEKKENなつまつり

アトリエ劇研恒例のなつまつりで、やさい市をひらきました。

劇場内では「かむじゅうの冒険」を上演。
上演といっても、みにきたこどもたちが俳優たちとダンスをしたり、
紙コップで工作したりと参加型でわいわい。
e0158226_20553429.jpg

e0158226_2055135.jpg


やさい市のレイアウトもいつもと変えて。
e0158226_20551184.jpg


仮装したスタッフも普通にお買い物ー。
e0158226_20552125.jpg



アトリエ劇研なつまつりblog
[PR]
# by yasai_gekken | 2009-08-24 21:01 | レポート